on and onまでの道のり
2020年も早くも半分が過ぎようとしています・・・

新型コロナウィルスに翻弄された今年前半でしたが、後半は少しずつでも収束に向かってほしいものです・・・

そんな中ですが当店は「新富町のサウンドオアシス」として本年度の後半も皆様に上質なサウンドをご提供させていただきたいと思っております。
当店はDYNAUDIOの日本での聖地として、全国からお客様がお越しになります。

地方など遠方からお越しくださるお客様の中には、なかなかホームページの地図では当店までたどり着けない方もいらっしゃいます。

そこで今回は「on and onまでの道のり」と題して最寄駅の「新富町」と次に近い「八丁堀」から当店までの道のりを私、サトーBから説明させていただきます!
「東京の地下鉄路線図」

地方の方からすると東京の地下鉄事情は信じられないくらい路線が多く複雑です。
何と13路線の地下鉄が東京の地下を縦横無尽に走っています。

根っからの東京人でも全ての路線がどこでどう繋がっているかを完璧に把握している人はなかなかいないと思います。なので地方の方からすれば迷って当然ですね。

その中でとにかく「地下鉄有楽町線」に乗ってください!
東京駅の近くだと有楽町から乗れます。

on and on最寄駅の「新富町」はこの「地下鉄有楽町線」です。有楽町からだと「銀座一丁目」の次で二つ目です。

「新富町」に着いたら「5番出口」です!
これ、相当大事です!

地下鉄で出口を間違えるとどこにいるのか、さっぱり分からなくなります。
「ここはどこ?私は誰?」状態に陥る危険があります。

とにかく「地下鉄有楽町線」の「新富町」駅の「5番出口」を出てください!
「新大橋通り」

on and onにたどり着くには、この「新大橋通り」が肝になります。

「5番出口」を出ると目の前がこの「新大橋通り」です。
この通りを左(八丁堀、茅場町方面)に進んでください。

すぐに左手に牛丼の「吉野家」があります。

「吉野家」を左に見ながらさらにまっすぐ行くとすぐに、しゃぶしゃぶの「しゃぶの湯」が現れます。
「しゃぶの湯」

「しゃぶの湯」まで来れば勝ったも同然です。この角を左に曲がってください。50mほど行くと左側に当店「on and on」に到着です。

「新富町」の5番出口を出ておよそ3分です。
「on and on」

ここが「DYNAUDIOの日本での聖地」です。

またの名を「新富町のサウンドオアシス」!


さて、今度は「新富町」の次に近い「八丁堀」からのルートをご案内いたします。

「八丁堀」は地下鉄「日比谷線」とJR「京葉線」の2つの路線が通っています。
「京葉線」は地下鉄ではありませんが、「八丁堀」の駅は地下にあります。東京駅から乗ると次です。そのまま乗って行くと「東京ディズニーランド」のある「舞浜」方面に向かいます。

「八丁堀」に着いたら「A3出口」を出ます。すると目の前が先ほどと同じ「新大橋通り」です。これを右(汐留、新富町、築地方面)に進んでください。

すぐに右手にラーメン店「十樹」があります。残念ながら僕はここで食べた事はありません。

そのまま真っすぐ、汐留、新富町、築地方面に進んでください。すぐに右手に三菱UFJ銀行があります。

さらに真っすぐです。とにかく「新大橋通り」を汐留、新富町、築地方面です!

ほどなく右手に蕎麦屋「桂庵」が現れます。リーズナブルな街の蕎麦屋さんです。

ここまで来たら「on and on」に着いたも同然です。
「桂庵」

そのまま進むとすぐに。新富町からの行き方で登場した、しゃぶしゃぶの「しゃぶの湯」が現れるので、そこを右です!あとは同じです。

「八丁堀A3出口」を出ておよそ5分です。
「Atom&はしもと」

「on and on」の向かいは床屋さん「The Bar Bar Atom」とすし店「鮨 はしもと」です。

「The Bar Bar Atom」は地元密着型の床屋さんでいつも賑わっています。

「鮨 はしもと」は実は新店舗が近くにできましたが、ここは半分倉庫代わりみたいにしていますが、店の看板などはそのままです。ここは完全予約制でグルメの間でも有名です。ちなみにランチもディナーもお任せで、一人24,000円~です。かなり敷居が高いですね~

その他、「on and on」界隈だと、、、

「躍金楼」
「てっきんろう」と読みます。何と明治6年創業!140年以上の歴史を誇る超老舗です。
ランチなら千円台で天ぷら定食などが楽しめます。しかし明治6年て凄いですよね・・・・
大政奉還からすぐですよね~リアルに伊藤博文とかの時代ですよ~

「帯笑」
「たいしょう」と読みます。ラーメン店です。ラーメンもつけ麺も凄くおいしいです。

「支那麺 はしご」
「はしご」は銀座が本店で有名ですが、新富町にも支店があります。
ここは何と言っても「担々麺」!ここ「はしご」では「だんだんめん」と発音します。
知らないでメニューを見て「すみませ~ん!たんたんめんくだい~!」なんて言ってしまったら周りの常連さんから「この人分かっていないな・・・」と思われてしまいますよ。ピリ辛で美味しいです。おまけにライスも食べ放題!満腹必至!

「大野駐車場」
お車でお越しの際はこの「大野駐車場」がおススメです。「on and on」界隈だと圧倒的に安いです。 陽気なおじいさんが対応してくれます。
「ビル自体の入り口」

「on and on」は「新富アネックス」というビルの1階にありますが、初めてご予約されたお客様で「着いたけどドアが閉まっていては入れない!」と電話される方がたまにいらっしゃいます。
それは・・・

画像は「新富アネックス」のビル自体の入り口ですが、ここからも平日なら表のドアが開いて当店の裏口から入れますが、土日は表のドアが閉まっていて入れません。なので入り口がここだけだと思い込んでしまうと「入れない!」となってしまうのです。

このビル自体の入り口を背にして右に10mほど歩いてビルの角を右に曲がれば、当店の正面です。営業時間内ならもちろん開いています!


今回は新富町と八丁堀から「on and on」までの道のりと近隣のお店などを紹介させていただきました。

ただし、都内は駅と駅の間隔が近いので他にも「茅場町」「築地」「宝町」なども徒歩10分圏内です。「東銀座」なら12~13分。「銀座」「有楽町」なら15分。さらに頑張って20分歩けば「東京」駅も圏内です。

いつでもお気軽にお越しください!

お持ちしております!(サトーB)