mora qualitas 始めました
いよいよ始まりましたね、mora qualitas。ハイクオリティな音質音源のストリーミング配信。10月末から『先行無料体験』サービスが開始されましたので、さっそく試しております。
無料体験においても、アカウントを取得するために『クレジットカード情報』の入力が必須。故にワタシ・えびろーの個人アカウントでサービスを享受しております。

mora、どんなもんなんだろ?って気になっている方も多いでしょうから、サービスを楽しむまでの手順を簡単に書いておきますね。このmora qualitasっていうのは、いわゆるストリーミング・サービスです。毎月定額の契約金を支払うと、moraさんが管理する膨大な音楽データをいつでも聴く事ができます。しかし音源を『自分のモノ』として所有することは出来ません。CDやアナログレコード、またハイレゾのダウンロード・データは『コレは俺の秘蔵音源だもんね』なんて言いながら、みなさん頑張って購入なさっていましたワケですが、ストリーミング・サービスは『いつでも利用できるデッカイ図書館が管理する音源を自宅で聴く』みたいなカンジ。そしてmoraさんやちょっと先行してサービスを開始したアマゾンMUSIC HDは、圧縮音源ではなくCDクオリティ、またはそれ以上のレート音源を聴ける事が大きなチャームポイント。今のところ国内で正規にハイレゾ音源をストリーミング・サービスで楽しめるのは、この2社だけです。スポティファイやDeezerはCDクオリティ(44.1kHz/16bit)までの配信でしたから。

上の写真をすこし拡大します。mora qualitasを始めるには①専用のアプリケーションを入手。②サービス用のアカウントを作成登録する。このふたつの準備が必要です。この『緑色のクルっていう曲線マーク』が書かれているのがmoraアプリ。もちろんDLは無料です。

そしてmoraのサイトに入って、新規アカウントをつくる。

アカウントを作ってアプリを立ち上げてログインすると、こんな画面が出てきます。ちなみにmora qualitasは、今のところパソコンのみで楽しめるサービス。ちなみに1アカウントで3PCまでアプリケーションを使えます。同時使用は出来ませんが。

画面左上のサーチ窓にキーワードを入力すると、イロイロと検索結果が出てきます。これは『Led』と入力した結果からの画面。

うむ、ハイレゾ音源だ。96kHz/24bit。

DACがちゃんと96kHzの認識をしております。すごい時代になってきました。リスナーが音源を『所有しない』ことによって、オーディオ環境がどのように変化していくのか。ここは注視しなければなりません。今後はストリーミングされるタイトル数も爆発的に増えていく事でしょうし。ま、なんていうか難しく考えないで、みんなで楽しみましょう!せっかく『すごい時代』になってきているのですから。という連休初日でした。(えびろー)