【往年の名機】STUDER A727 CDプレイヤー
1980年代の名機、STUDER A727です。むかーしむかし、当店のデモ機として活躍していた個体です。大変に名残惜しいのですが、特価でお譲りします。お問い合わせ下さい。
Philipsメカのスペシャリストにフルメンテナンスして頂きました。補修箇所は以下の通り。
・ピックアップの光軸・出力調整。
・トレイ開閉センサーの調整。
・ドライブベルトを新品交換(非純正)。
・液晶ディスプレイのバックライト交換(非純正)。
・RCA端子交換(非純正)。
・その他、内部各所のハンダ補修・パーツ点検・クリーニング。

『Philips CD-M1』を搭載しています。トレイ開閉もスムーズ。『メカは全然元気です。キチンと調整すれば、まだまだイケますよ』とコメントが付いて、メンテナンスから戻ってきました。

RCA端子だけ、現在入手できるパーツに変更しました。XLRはオリジナルです。アナログ&デジタル出力共に全て動作正常。現代のハイエンドCDプレイヤーと比較しても全く聴き劣りしない、実に気持ちの良い音を聴かせてくれます。内部DACを使用したアナログ出力は、高めのゲインで骨格のシッカリした音楽的な音色をアウトプット。デジタル出力端子からMOONのDACにシグナルを送ってみても、基本的な音色は同じ傾向なのですが、幾分スッキリしたHi-Fiサウンドになる感じ。色々なDACと組み合わせてみても楽しそうですよ。巷で言われている『ハイ落ち気味のアナログ的なサウンド』って、個人的には全くの誤解釈だと思います。キチンとメンテナンスされたSTUDERって『いやー、流石はプロ機!』と唸ってしまう、質実剛健な美音を奏でます。こんな音がするCDプレイヤーって、なかなか無いですよ。

ディスプレイの文字、鮮明です。

古い機種ゆえ、保証はつけられません。できれば輸送ではなく引取りに来て頂けると嬉しいです。付属品もなく、本体のみ現状渡しです。おそらく各部の純正パーツもすでに入手不可能です。今後の使用にあたり、ちょっとリスクはありますが、しかしリスクを忘れるほどの音色があります。個体としてはかなり綺麗ですし、メンテナンスについても相談に乗れます。どなたか可愛がってあげて下さいませ。

商品の詳細、お問い合わせはこちらからお問い合わせください。