Special Forty 復活です!
あっついですね、ほんとあっつい。コロナより熱中症の心配をしなきゃと思うココ最近であります。みなさま、お変わりありませんか?
さて、業界のWEBニュースでお知らせが発射されておりますが、一旦生産中止になっていたDYNAUDIOの40周年記念モデル・スピーカー『Special Forty』が、この度復活しました。店頭にデモ機が入荷しましたので、さっそくお知らせ&レポートしてみようと思います。

猛烈に綺麗な仕上げです。どこから写真をとっても何かが映り込んでしまう。なるべく肉眼に近い色合いの写真を貼ろうと思っておりますが、光の加減でちょっと明るくなったり。この個体はEbony Waveという色。グロス仕上げの茶色です。天板の図ですね。

これ、オフィシャルフォトです。『なんかCGっぽいなー』って、現物を見るまで疑心暗鬼だったのですが、さすがオフィシャルフォトデータ、実際にこんな感じです。

そしてこれはBlack Vineという色。画像はオフィシャルフォトデータです。実はまだ日本に入荷しておりません。Ebony Waveが先行リリースです。

さて、店頭でエージングを開始したSpecial Fortyですが。ワタシが漏らした第一声は『あれ、こんなに良かったっけ?このスピーカー』でした。輸入元曰く『色の仕上げが変わっただけで、ユニットを含めて製品内容に大きな変化は無いはず』とのことでしたが、こんなに低域出たっけかな?もう鳴り出しから大変に良いカンジ。バランス良好です。なるべく早く音が落ち着くよう、しばらく鳴らしっぱなしにします。

アナログ盤再生でスピーカーユニットをブリブリ動かしています。

大変に気持ちよい。スカッと鳴りますね。そうそう、お値段は据置きの¥450,000(ペア・税抜)。もう多数のお問い合わせを頂いているので、近日中に初回入荷分は完売すると思います。ご興味のある方、お早めにどうぞ。でもまずは聴きに来て下さいませ。お待ちしております。(えびろー)