新製品情報ですよー!
えー、すっかりご無沙汰しちゃいました、えびろーでございます。皆さまお変わりありませんか?
サトーBさんのブログがなかなか好評で『ブログ読みましたー、サトーさん居ますかー?』なんて、ご来店頂く方まで現れまして。ありがたい事です。しかし今日はワタクシが書かせて頂きます!お伝えしたい新製品情報がありますので。
すでに媒体や各地販売店さんのニュースで、記事やお知らせをご覧になった方がいらっしゃるかもしれません。DYNAUDIO社から『Heritage Special』なるスピーカーがリリースされます。直訳すると『遺産スペシャル』なんて品名になりますが、いわゆる過去の名機をオマージュした最新のモデルという事ですね。佇まいを見るとSpecial OneやSpecial 25がすぐに思い起こされます。

背面なんてもう『あーそうそう』って。かつてのDYNAUDIOが好きな方にはビンビン伝わるビジュアル。美しいですな。

グリルを装着した図。たまりませんね、このスクエアな感じ。

製品概要的な事をちょっと書いておきます。
デンマーク・スカンデルボルグのDYNAUDIO本社で完全ハンドメイド。外観の木目までキッチリ揃えたマッチドペアとして生産され、2,500ペアの世界限定モデルとなります。価格は¥850,000(税抜)、入荷は来年の早い時期を予定しています。こりゃ楽しみですね。

次にスペックです。
ツィーターユニットはEsoter3です。要するに現行Confidenceと同一ユニット。
ウーファーは180mm口径・75mmボイスコイル径。なんとEvidence Platinumに搭載されていたユニットと同一です。『レトロな外観で中身はチョー高性能』なスピーカーシステムになっているようですね。下記の数値を見る限り、そんなに気難しいスピーカーには思えません。サイズ感も絶妙なので、設置や使い方の自由度も高い。上質なスピーカーをスマートに扱う事ができると思われます。もちろんガチなハイファイ・オーディオとして対峙する相手と想定しても、まったく不足はないんじゃないですかね。なんせこんなハイスペックなユニットを搭載していますから。

SPL:85dB(2.83v/1m)
公称インピーダンス:4Ω
周波数特性:42〜23kHz
外径寸法(W×H×D):208×385×337mm(グリル装着時)

情報開示と共にご注文が殺到しているようです。こういうモデルを待っていた方、確実にいらっしゃるんですね。当店でももちろんお求め頂けるのですが、この調子でいくと、あっという間に日本への割り振り台数を売り切ってしまうと思われます。気になる方!ココのURLをクリックして下さい、ご予約をお受け致します。

久しぶりに登場したと思ったら、なんだよ売り込みかよーって。すみませんです。でもコレは逃しちゃイカンですよ!と、力を込めて申し上げたいえびろーでした。どうぞご検討下さい。宜しくお願い致します。

Heritage Specialご予約受付はコチラ