欧米人に通じない英語シリーズ Vol.2
テニスの大坂なおみ選手が全豪オープンで2年振り2度目の優勝を果たしました。

まだまだコロナ禍で不自由な暮らしが続いている中、こういう明るいニュースは国民のモチベーションが上がりますよね!

大坂なおみ選手!おめでとう!お疲れ様!そして、日本に元気をありがとう!
以前に書いた「欧米人に通じない英語シリーズ Vol.1」が「ばかばかしくて面白い!」と好評につき調子に乗って早くもVol.2を書かせていただきます。

もう一度説明しますと、欧米人が聞いたら「???」で意味不明な英語なのですが、日本語に訳すと日本人には意味が分かるという遊びです。

欧米人にとって意味不明指数が高ければ高いほど面白いです~
理解に苦しむ欧米人

前回は「ワン・マウス・プリーズ!」=「一口ちょうだい!」をご紹介させていただきました。

今回の「欧米人に通じない英語」は!

「small one hour」・・・

「スモール・ワン・ナワー」と発音します。

さて、どういう意味でしぃう?


ヒント 


そのまんまですぅ~!


・・・


答え


「小一時間」で~す!
小一時間

使用例

仕事が終わって仲間に「今日もお疲れ様!さて!スモール・ワン・ナワー飲みに行こうか!」

「いいよ!でも用事があるから本当にスモール・ワン・ナワーだよ!」

「うん!オレも帰ってからやる事があるからね!本当に本当にスモール・ワン・ナワーだけね!」


みたいな感じです~!
小一時間のはずが・・・

しかし・・・「スモール・ワン・ナワー」と言いいつつ、僕を含めてのんべえ達が本当に1時間で帰った試しはないのでありました・・・

結局、いい感じに酔っぱらうまで飲んでしまうのでした・・・


毎度バカバカしくてごめんなさい~!

次回をお楽しみに!(サトーB)