40周年記念モデル、入荷しました!
今週末はサトーBさん不在につき少々ションボリなワタシ、えびろーでございます。でも昨日は『Jeff Beckを聴く会』なんて開催しまして、これがまた楽しかったのですよ。次回は5月29日(土)に別なメニューで開催します。改めてまた告知しますので、お楽しみに!

で、そんななか、突如MOONの40周年記念モデルが入荷しました!待ってたのですよ本当に。今日はちょいとご紹介してみようと思います。
モデルとしましては、600i V2(インテグレーテッドアンプ)と680D(DAC)のセットです。どうやら電気的なスペシャルチューニングは施されていないようで、いわゆる『ケースチューン』ってやつですね。シャンパンゴールドと朱色っていうか赤茶色っていうか、そんなカラーのケースに収まっています。いや、実に美しい筐体なのですよコレが。

記念モデルの証。なんと全世界で40セットしか生産しなかったようで。。この個体は15番目に作られたモノ。

レギュラーモデルとの色比較。美しいです。

前述の通り、製品の内容としてはレギュラーモデルと同一なようです。600i V2はもともと当店で常備展示されておりますので、そのポテンシャルは分かっております。DACもフォノイコも搭載しない純然たる高級インテグレーテッドアンプ。馬力もトルクもあって、音色はMOONらしい『海外製のフツーな音』を出力する、大変に優秀なアンプ。

なのでワタシえびろーとしましては680Dに興味が集中しておりまして。なんせプライベートで280Dを使っていますからね。上位機種DACはぜひ試聴したいと常々思っておりました。2機種の背面の図を載せておきますね。

けっこうショックです。そりゃそうよねーと嘯きながらも、けっこうショックです。やっぱり280Dではこんな音でません。さすが上位機種!いやいや、280Dも大変に優秀なのですよ。なんせケチなワタシが所有してわざわざプライベートで使っているのですからして。お店に常設されているのに。


680Dですが、一聴すると『あれ?こんなモンか?』な印象だったのですが、いやいやワタシがバカでした。シッカリ聴き込むと圧倒的な情報量!そして低域が力強い!むかーしスーパー・ツイーターが流行ったときに、それを導入すると『あれ?低域の明瞭度が上がったぞ!』って現象がよく起こりました。今回もそういう事なのでしょうね。弾力があって早くて豊かな低域。そしてよりシルキーになった中高域。こりゃ参ったな。

国内にはこの1セットしか入荷しません。そしてバラ売りができず、600i V2と680Dのセット販売になります。その代わりといますか、こんなに立派なケースに入ってきました。。

緊急事態宣言が発令されてしまった東京ですが、当店はできるかぎりお店を開けます。詳しくはホームページの『スケジュール』コーナーをご覧ください。で、もしお時間がありましたらですね、この美しい記念モデルをぜひ見て聴いて頂きたく。その際は『試聴予約』のコーナーよりご来店のご予約をお願いします。これで相当安全ですから。いやー、久しぶりにオーディオ機器をイジってテンションあがったなー。(えびろー)