ステップ
早いもので5月も半ばです。

日本は欧米に比べてワクチン接種がかなり遅れているので、コロナとの闘いはまだまだ続くと覚悟した方が良いですね・・・

そして、緊急事態宣言が延長されました・・・

となると、やはり自宅で良い音楽や映画に接する時間を大切にするのが得策ですね。
重松清原作、飯塚健監督、山田孝之主演の「ステップ」を見ました。

妻に先立たれた山田孝之演じる健一が娘の美紀を男手一つで、保育園時代から小学校卒業まで育てる10年間を描いた作品です。
ステップ

出演の山田孝之は「電車男」でブレイクしてから押しも押されぬ売れっ子俳優になりました。数え切れないほどのヒット作品に出演していますが、そんな中でも僕的には脱獄囚を演じたTVドラマ「破獄」が強烈でした。他にも「闇金ウシジマくん」シリーズや「凶悪」なども有名ですが、今回の「ステップ」では等身大のシングルファーザーを見事な自然体で演じています。

娘の美紀は幼少期、小学生時代の前半、後半と3人の子役が演じています。

今の時代、厳しいオーディションを勝ち抜いて実際に作品に出演している子は英才教育を受けて来た上に才能のある子供達なのでどの子の演技も上手です。
伊藤沙莉

保育園の先生を演じた伊藤沙莉がドンずばの適役で素晴らしかったです。彼女はここ2~3年で確かな実力が評価されて活躍しています。
國村準

主人公の健一の義父役はこの作品の中でもキーポイントとなる重要な役柄でしたが、ベテランの國村準が熱くなり過ぎず適切なテンション感で見事に演じていました。流石です。
広末涼子

主人公の健一の再婚相手を広末涼子が演じています。心の琴線に触れる涙を誘う重要なシーンに絡んでいます。

作品全体を通して表現が大げさになり過ぎずに、丁寧に描いている点が好感が持てました。

母子家庭、父子家庭で苦労して子育てをされている方々の少しでも心の励みになれば・・・という制作側に思いが伝わる誠実な作品でした。

おススメです。(サトーB)