音楽業界用語講座 Vol.5
賛否両論がある中、オリンピックがついに開幕しました。

何とか無事に全ての競技が行われる事を願います。

しかし、開会式が4時間というのは長すぎですよね・・・
過去にたわいもない「音楽業界用語講座」をVol.1~4まで書かせていただきました。

Vol.1では「音楽業界用語」=「バンドマン用語」の中でも「数字の言い方」、Vol.2では「逆さ言葉」の中でも「3文字の言葉の変換」そして、Vol.3では「逆さ言葉」の中でも「1文字の言葉の変換」と「2文字の言葉の変換」。そして、Vol.4では様々な状況下の会話における「実用編」をレクチャーさせていただきました。(バカバカしい内容なのに言い方が大げさで自分で苦笑いしております・・・)

初めてこの記事をご覧になる方で興味のある方はVol.1、Vol.2、Vol.3、Vol.4と遡って読めば、より一層お楽しみいただけると思います。

まー、わざわざ復習するような真面目な内容ではなくて、本当にバカバカしい内容なんですが・・・ごめんなさい・・・

今回も実践的な使用例から「バンドマン用語」をレクチャーさせていただきます。
昭和のバンドマン

Lesson 1

「メーアーリーフーサーカーシーナイタマツ」

さて、どういう意味でしょうか?分かりやすく区切りに「・」を入れてみますね。

「メーアー・リーフー・サーカー・シーナ・イタマツ」
答え

そのままだと「雨降り傘なし。参った。」ですが、「メーアー・リーフー」は熟語化されており、雨が降っている状態と共に、雨が降ってきた事を示す時にも使用されます。

なので雰囲気的には「ヤバい!雨が降ってきたけど傘ないんだよね~参ったな~」みたいな意味なります。
サーカー

Lesson 2

「ラーハーターヘーメンラー行かない?」

これは比較的に簡単だと思います。このように全てをバンドマン用語を用いずに「行かない?」だけを普通に言う場合もあります。

「・」で区切ると「ラーハー・ターヘー・メンラー・行かない?」

答え

「腹減った~ラーメン行かない?」です。”食べに”が省略されています。
なので、分かりやすく訳すと「腹減った~ラーメン食べに行かない?」となります。

ちなみに「ラーメン」=「メンラー」です。よく「メラーン」と言う人がいますが間違いです。
メンラー

Lesson 3

「パラヨッテレイキーなチャンネーだと思ってカケシしたらカマオだった。クリビツテンギョー!」

これは結構下世話な内容ですが、かなり現実的な昭和のバンドマンの会話風です。

「・」で区切ると「パラヨッテ・レイキーなチャンネーだと思ってカケシしたらカマオだった。クリビツ・テンギョー!」

答え

「酔っぱらって、綺麗なおねーちゃんだと思ってナンパしたらオカマだった。びっくり仰天!」

まず常套句で「ナンパ」=「カケシ」といいます。「仕掛ける」から来ています。

また「びっくり仰天」=「クリビツテンギョー」も常套句です。
カマオ

音楽業界用語講座Vol.5をお届けいたしました。

バカバカしい内容でごめんなさい~しかし全く冗談ではなく昭和のバンドマンは普通にこのような言葉使いで会話をしていました。

次回もお楽しみに!(サトーB)