早稲田「メルシー」
フランス語の勉強ではありません・・・

1958年創業の早稲田にある老舗”軽食&ラーメン”店です。
僕はそこそこのラーメンマニアで、全盛期はかなりの杯数のラーメンを年間食べていました。さすがに最近は健康を考え控え目にしてはいますが、「ラーメン愛」は健在です。

そんな僕が地方から来た人に「東京のラーメン店を一軒だけ薦める」としたら、この「メルシー」を薦めます。

何故なら・・・単純明快!「安くて美味しい」からです!
早稲田「メルシー」

「メルシー」のラーメンは現在はさすがに値上がりしてしまいましたが、それでも450円です。僕が通い始めた頃はラーメン一杯400円で、その時代が長かったです。

そのラーメン一杯400円の時代は半ライスも100円で、腹を空かせた早稲田の学生達はこぞって計500円、驚異のワンコインで「ラーメン、半ライス」を頼んでいました。当時となりの学生が頼んでいた「半ライス」を初めて見た時は思わず笑ってしまいました。「どこが”半”なんじゃい!」とツッコミを入れたくなるほど丼に熱々のご飯が普通にこんもり盛られていました。ザ・炭水化物フェスティバル!満腹必至!若者の財布と胃袋にはありがたいことこの上ないセットでした・・・

昨今ではラーメンが800円以上する店が普通にあります。中には1,000円超えのラーメンもあったりします。発想は自由なのでそういう「高級ラーメン」があっても構いませんが、僕的には違和感を覚えます。

ラーメン一杯に800円とか1,000円払えば「美味しくて当たり前じゃん・・・」と思ってしまいます。

もちろん「高級ラーメン」は厳選した素材で手間暇かけて作っているのでしょうが、そこまでしなくても「低価格で美味しい庶民のラーメン店」の方が僕は魅力を感じ何度も足を運びたくなります。

早稲田「メルシー」は、そんな「低価格で美味しい庶民のラーメン店」の東京では代表格です。
メルシーのラーメン

中太ストレート麺は歯ごたえ抜群で他店では味わう事は出来ません。具はデフォルトでチャーシュー、メンマ、もやし、コーン、きざみネギです。スープは豚骨、鶏がらなどの動物系と煮干しの魚介系をかけ合わせています。濃い目の醤油味は切れ味が鋭くしょっぱめです。

バカボンのパパではありませんが、「これでいいのだ!」と言いたくなる圧倒的な説得力と存在感を持った「低価格で美味しい庶民のラーメン店」の珠玉の一杯です。
メニュー

2021年8月現在の「メルシー」のメニューです。

最高値でも「五目そば」の730円です。寅さんみたいな人が「この店で一番高い物をくれ!」と啖呵を切っても730円です。

僕の一番のお気に入りで、ここを訪れるとたいがいこの「五目そば」をオーダーします。
五目そば

具はチャーシュー、メンマ、もやし、コーン、きざみネギのレギュラーメンバーに加え、ゆで玉子、絹さや、キャベツ、しいたけ、人参、かまぼこ、の計11品目です・・・

これは「メルシー」に限らず「五目」と言いながら普通はもっとたくさんの具材が入っています。調べたら「五目」はけっして「五品目」という意味ではなく「複数の具材」を示す意味で、「二品目」以上の具材が入っていれば「五目」として成立するようです。とは言えども通常は「二目」で「五目」とは言わずに「五目」以上の具だくさんを総称して「五目」と言いますね。

話をメルシーの「五目そば」を戻しますと、とにかく豪華絢爛!ここのチャーシューがまた絶品なのですが、デフォルトで2枚!これはかなり上がります!

この「五目そば」と「タンメン」が出汁の旨味をストレートに堪能できる塩味です。

まだ未体験ですが、裏メニューで「ゴモショウ」なる品があるそうです。これは「五目そば小盛り」の略ではなく、何と「醤油味の五目そば」だそうです!いつかチャレンジしたいと思います。
野菜そばチャーイチ

「メルシー」のチャーシューは脂身の少ない赤身肉の煮豚で厚めのカットで提供されます。噛み応えがあり肉の味そのものをストレートに感じられる逸品で本当に美味しいです。

「メルシー」の麺類でデフォルトでチャーシューが入っているのは「ラーメン(1枚)」「チャーシューメン(4枚)」「五目そば(2枚)」です。

「もやしそば」「タンメン」「野菜そば」には残念ながらチャーシューが入っていません。
「そうか・・・チャーシュー入っていないんだ・・・寂しいな・・・1枚は食べたいな・・・」と思う人は少なからずいると思います。僕もそんな”チャーシュー1枚は食べたい症候群”を患う1人でした・・・

そんな”チャーシュー1枚は食べたい症候群”の方々にとびっきりの朗報です!

「メルシー」には「チャーイチ」という裏技があるのです!つまりチャーシューを1枚ずつ追加できるのです!以前は1枚90円でしたが、現在は1枚110円で追加してくれます。

画像は「野菜そば」にチャーシューを1枚追加したものです。


この「チャーシュー1枚」を「チャーイチ」というように「メルシー」には独特な省略語が多数存在します。

例えば若者の定番の「ラーメン大盛、味濃いめ、麺固め」は「ラーダイコイカタ」となります。これに更に半ライスを加えると「ラーダイコイカタハンライ」となります。「タンメン大盛、チャーシュー1枚」だと「タンダイチャーイチ」です。

この”メルシー語”で注文できるようになれば貴方も立派な”メルシスト”です!
チャーハン

「メルシー」は麺類だけでなく、「チャーハン」を筆頭にご飯物もハイクオリティーです。

「チャーハン」の玉子が薄焼き玉子で細切りの状態で最後に盛り付けるスタイルでとても珍しいです。

昨今は「パラパラチャーハン至上主義」みたいな風潮が横行していますが、僕はこの風潮にあえて一石を投じさせていただきます。「モッチリ系チャーハンの何が悪いの?!」僕はモッチリ系も好きなのです。「メルシー」の「チャーハン」は典型的な「モッチリ系チャーハン」で噛むほどに米自体の旨さを堪能できます。

また「グリーンピース」が入っているのも昭和の伝統を継承している信念を感じることが出来て嬉しいです。

長年続いた以前の価格の時代の僕の得意技はブタ化を覚悟の上、もやしそば(420円)、チャーシュー1枚(90円)、チャーハン(490円)で1,000円丁度!という組み合わせで”メルシー祭り”を堪能していました。

そして、「ドライカレー」「ポークライス」「オムライス」も素晴らしい事は僕が太鼓判を押します!


今回は昭和、平成、令和と早稲田の学生達の胃袋を支えてきたキング・オブ・老舗「メルシー」をご紹介させていただきました。

かの大女優、吉永小百合も当時は足蹴に通ったそうです。タモリ、橋下徹、堺雅人夫婦らの有名人は現在でも定期的に訪れるそうです。


機会があれば是非ともこの本当に「低価格で美味しい庶民のラーメン店」に足を運んでいただけたら幸いです。(サトーB)