空白
緊急事態宣言も解除されて以前よりも映画館に行きやすくなりました。

それでもまだ座席の間隔を空けての販売ですが、かえって横に人がいないのでリラックスして観ることが出来ます。
古田新太、松坂桃李主演、吉田恵輔監督の「空白」を劇場まで観に行きました。

スーパーでの万引きをとがめられた女子中学生が店から逃走。店長は後を追うが彼女は逃走中に車にはねられて死亡してまう。

死亡した女子中学生の両親は離婚していて漁師の父親と二人で暮らしていた。娘を失った父親はスーパーの店長や学校の教師などに責任の所在を明らかにするように執拗に責め立ては恫喝し始める・・・

こんなストーリーです。

ストーリー的には何の救いもない重い作品ですが、きめ細かい脚本、丁寧な演出とそれぞれの役者が素晴らしく見応え抜群の作品に仕上がっています。
古田新太

娘を失った父親を古田新太が演じています。これ以上の適役は考えられないリアリティーに溢れた演技に引き込まれます。本当に地方都市の漁港に軽トラックに乗ったこんな気性の荒い漁師がいそうです。時間が経つに連れての心情の変化の表現も見事でした。
松坂桃李

スーパーの店長を松坂桃李が演じています。もともとは父親が経営していたスーパーを父親が亡くなりそのまま引き継いだ気の弱い店長という設定です。白石和彌監督の「彼女がその名を知らない鳥たち」という作品でもデパートの時計売り場の社員という今回と比較的近い人物象を演じていましたが、この手の役がめちゃめちゃ上手です。本当にこういう性格の人に見えます。かと思えば同じく白石和彌監督の「弧狼の血」ではワイルドな刑事役を好演しています。
寺島しのぶ

松坂桃李をサポートするスーパーの店員を寺島しのぶが演じています。ボランティア活動などにも精を出し「無駄に明るく、自分の正義を信じて疑わず他人に押し付ける」系という面倒くさい女という設定です。「こういう人、本当にいるよね~」と思わせる”ウザさ”加減の表現が見事です。さすがベテラン女優です。
吉田恵輔監督

吉田恵輔監督を知ったのは10年程前で宮迫博之、仲里依紗、麻生久美子らが出演している「純喫茶磯部」を観た時でした。僕はスキあらばDVDなどをレンタルして、世間的にはそれほど知られていない”隠れた名作”を発掘するのが大好きです。この作品こそ正にそんな”隠れた名作”でした。観終わった時「やばい!これ面白いじゃん!監督誰?!」みたいな感じで吉田監督を知りました。それからチェックするようになりました。彼の作品はほとんど観ていますが、どの作品もしっかりしたテーマとメッセージがストレートに伝わり非常に面白いでのす。
純喫茶磯部

他にも「ばしゃ馬さんとビッグマウス」「麦子さんと」「ヒメアノ~ル」「犬猿」「愛しのアイリーン」などの作品はどれも圧倒的に面白く見応えがありますので自信を持っておススメします。(サトーB)