チア☆ダン
恥ずかしながら僕は広瀬すずの大ファンです。

今回は彼女が主演を務めた「チア☆ダン」という2017年、河合勇人監督の作品を紹介させていただきます。
この作品は福井県立福井商業高校のチアリーダー部が2009年から本場アメリカのチアダンス選手権で通算6回優勝するという快挙を成し遂げますが、この事実を元にチアリーダー部創設から最初にアメリカで優勝するまでを描いています。

最初は「よくある“青春部活物”かな・・・」と思って観始めました。

確かに導入部はそういう、ある意味“チャラい”作り方でしたが俄然中盤から「本気の映画」になって行きます。

ここでは細かいストーリーは説明しませんが、最後まで観ると素晴らしくちゃんとした作品で素直に感動しました。
広瀬すず

最初は少し不純な軽い気持ちでチアリーダー部に入部した「ひかり」役です。

様々な経験を経て成長して最終的には重要なポジションを任されるまでになりアメリカでの優勝に貢献します。

以前にここで紹介させていただいた「海街Diary」の素朴な中学生役の彼女も素晴らしいですが、ここではベタベタな“青春真只中の高校生”を思いきりストレートに演じています。
“ひたむきに一生懸命”を嫌味なく爽やかに見事に表現しています。

彼女以外の女優が全くイメージできないほどの“はまり役”です。

広瀬すず主演で、同じような“青春部活物”で競技かるたを題材にした少女漫画が原作の「ちはやふる 上の句・下の句・結び」の3部作もこの「チア☆ダン」に勝るとも劣らない彼女の“はまり役”でした。ご興味のある方はこちらもどうぞ。
富田望生

最近、実力が認められて各方面から高評価を得ている富田望生(とみたみう)が問題のある家庭にいながら頑張ってチアリーダー部を続けていく部員を熱演しています。

この作品を撮影している時は16歳くらいのはずですが、役作りのため作品によって体重をコントロールする“プロ根性”が見事です。


他にも、中条あやみ、山崎紘菜、新田真剣佑、天海祐希などが作品に色を添えています。

何よりも感心するのが、最初はダメダメのチアダンスが徐々に上達していきますが映画とは言え最後は本当に見事なチアダンスを披露しています。素朴に“一体どれだけ練習したのだろう・・・”と思い彼女達の影の努力を想像すると頭が下がります。


たまにはこういうベタベタな“青春部活物”も良いですよ!

ご覧いただけたら幸いです!(サトーB)