オーディオって。
こんにちは、えびろーでございます。サトーさんのオモシロ・ブログに紛れて、たまーにまた書いていこうと思います。
コロナだマスクだ、もうこんな状態がフツーになっています。良いとか悪いとかではなく、これがフツー。
そんな中でもお店にお越し頂いたり、メールなどでお問い合わせを下さるお客様が多数いらっしゃいます。本当にありがたく思っております。いまお客様が何を求めてオーディオ販売店にアクセスして下さっているのか、改めてちょっと整理してみたく。今日はそんな事について少々。


今年のゴールデンウィークも本日で終了です。いわゆる諸制限が解除された久しぶりの大型連休。皆さま楽しまれましたか?

お店に居る者としては、昨年の同じ時期とは明らかにお客様の動きもマーケットの様子も変わったなぁと感じております。言ってしまうと昨年は『ちょっとしたコロナバブル』だったようにも思えます。とにかくご来店下さったお客様が多かった。今年は『いま所有する機材の活用方法や、これからの発展について相談したい』というご要望を多く承りました。当方でお応えできる案件については、小さな脳みそをフル稼働して精一杯に頑張ったつもりです。

そしてそのご相談内容は、機材の事よりも『音楽ソースとの親和性』みたいな事案が多かったように思います。CDとストリーミングの共存とか、アナログレコードをもう一度ちゃんと聴きたいのだけどどうすればよいだろうか?など。

そういう意味では大手さんが行っているストリーミングサービスが根付いてきたのでしょうし、アナログレコードの人気も衰えがないなぁと感じております。

機材面では『ご自身で楽しく弄ることができる』アイテムとして、ケーブル類やカートリッジをお求め頂くお客様が本当に多いです。諸事情により製品の入荷が安定しない世情である、ということも関係しているのかもしれません。

えびろー、キミは何を言いたいのか?と。

とにかく『相談してきて下さい!』に尽きるのです。クルマやバイクを安全に速く走らせる事と同じで、オーディオにもガイド役って必要だと思うのです。ご自身で勉強なさって楽しみ方を習得していくのも趣味の醍醐味です。でも、せっかくお求め頂いた大切な機材の使いこなしや、これからのオーディオって一体何処を目指して行けばよいのだろうか?とか。

楽しく談義しながら『音楽のある上質な生活』をクリエイトするお手伝いをさせて頂くのが、我々の役目だと思っております。

ここ数年のえびろーは、もうとにかくアナログレコードの再生が楽しくって。
今日掲載した『Bonobo』というアーティストさんは、お客様から教えて頂いた音源です。
往年の名演だけではなく、エレクトロニカのような『今の音楽』を上質に再生する事。オーディオ機器の存在意義って、そんなトコロにあるのではないでしょうか。

と、思う日曜日の昼下がりでした。