緊急入荷!(予定です・・)
ココのところの諸事情によって、なかなか思うように入荷してくれなかったDYNAUDIOのスピーカー『Special Forty』が、なんと7月上旬に入ってくるようです!
冒頭からナンですけどね、本当に写真を撮りづらいスピーカーです。ピカピカすぎてイロイロが写り込んでしまう。なのでソファーで寝て頂きました。

言い換えますと、実に美しい塗装です。
この色はBlackvine(ブラックバイン)といって、赤と黒のコントラストが結構強烈なヤツ。
これ以外にはEvonywave(エボニーウェイブ)という茶色っぽいヤツもあります。

背面です。Made in Denmark !

頑張って撮影したのですが、やっぱりイロイロが写り込んでいます・・

そして久しぶりにシッカリと音を出してみました。なんせ製品が全然入荷しなかったので、お客様に紹介してご試聴頂くワケにもいかず、ココのところすっかりベンチで休憩している子になっていました。

改めて聴いてみると、今風な超ワイドレンジ&隙のない音とはちょっと違っていますが、いや、こんなカンジでいいのですよ。だって楽しく音楽を聴けるんですもの。必要十分な情報量、全然モタつかないレスポンス、小口径ウーファーだけどムリヤリ感のない厚い低域。うん、良いじゃないの!

余談ですが、ワタシえびろーはDYNAUDIOの銘機『Special One』を所有・使用していました。そのSP Oneは親しい友人に預けて、いまはFacetteを使っています。
要するに80年代以降のDYNAUDIO小型スピーカーは割と触ってきているワケです。そんな耳でSpecial Fortyを聴いているのですが、なんかやっぱり同じテイストというか、そういう音の描き方をするもんだなぁと、ちょっと感慨深いです。

エンクロージャ、そんなに深い奥行きではないのでセッティングの自由度も高いかと。でっかいバスレフポートが開いているので、そこだけは気をつけて設置してみてほしいところです。

7月にBlackvineとEvonywaveの両色とも少量の入荷があるようです。これ以降はまたスケジュールが不明確になる模様。少々値上がりして今は¥550,000(税込・ペア)でのご案内になりますが、良質な小型スピーカーとしては大変にオススメできる製品です。

店頭にデモ機がありますので、ぜひご試聴しにいらして下さいませ。お待ちしております。
(えびろー)