音楽業界用語口座Vol.8
人気シリーズの第8回です!

昭和の時代の「バンドマン用語」をお楽しみください!
今回も実践的なバンドマンの会話から「バンドマン用語」をレクチャーさせていただきます。
「愛すべき昭和のバンドマン」

A「うちのチャンカー、チーケーでさ〜、小遣いナイスクなんだ・・・」
B「ナイスクって、いくら?」
A「1日ゲーヒャク」
B「1日ゲーヒャクなら、1ヶ月ツェーマンゲーセンじゃん。オレよりいいよ。オレは1ヶ月ツェーマンだよ!」
A「そうなんだ!ナイタリでしょ?」
B「だからいつもバンマスからバンスしてるんだよ・・・昨日もエフセンだけバンスした。」
A「よし!じゃあそのエフセンでパイイチミーノしよう!」
B「チロンモ!」

例によって単語を一つずつ解説していきましょう:。

○チャンカー
「母ちゃん」です。会話の流れでこの場合は「母親」ではなく「嫁」「カミさん」です。
○チーケー
逆さ言葉でそのまま「ケチ」です。
○ナイスク
これも逆さ言葉でそのまま「少ない」です。
○ゲーヒャク
「500円」です。この場合は明らかに金額なので“円”は省略されています。
2020年10月18日の「音楽業界用語口座Vol.1」でレクチャーしていますが、数字の変換です。詳しくはそちらをご覧ください。
○ツェーマンゲーセン
同様に「1万5千円」です。
○ツェーマン
「1万円」です。
○ナイタリ
「足りない」です。
○バンマス
これは業界用語というか普通に皆様言いますよね。
「バンドマスター」です。
○バンス
これも特に業界用語ではなくただの英語ですが「前借り」です:。
○エフセン
数字の変換です。「4千円」です。
○パイイチミーノ
「パイイチ」=「一杯」
「ミーノ」=「呑み」
○チロンモ
逆さ言葉でそのまま「もちろん」です。

単語の解説が終わったところでもう1度先ほどの2人のバンドマンの会話を見て見ましょう。

A「うちのチャンカー、チーケーでさ〜、小遣いナイスクなんだ・・・」
B「ナイスクって、いくら?」
A「1日ゲーヒャク」
B「1日ゲーヒャクなら、1ヶ月ツェーマンゲーセンじゃん。オレよりいいよ。オレは1ヶ月ツェーマンだよ!」
A「そうなんだ!ナイタリでしょ?」
B「だからいつもバンマスからバンスしてるんだよ・・・昨日もエフセンだけバンスした。」
A「よし!じゃあそのエフセンでパイイチミーノしよう!」
B「チロンモ!」

では、標準語に翻訳しましょう!

A「うちのカミさん、ケチでさ〜、小遣い少ないんだ・・・」
B「少ないって、いくら?」
A「1日500円」
B「1日500円なら、1ヶ月1万5千円じゃん。オレよりいいよ。オレは1ヶ月1万円だよ!」
A「そうなんだ!足りないでしょ?」
B「だからいつもバンマスから前借りしてるんだよ・・・昨日も4千円だけ前借りした。」
A「よし!じゃあその4千円で一杯呑みに行こう!」
B「もちろん!」
「赤提灯」

こうして昭和のバンドマンはまたもや赤提灯に消えて行くのでした・・・
(サトーB)